売掛金の買い取りで成り立つファクタリングとは

ファクタリングは迅速性の面では唯一無二であり最強の資金調達法と言えるが、そこに付いてくるリスクの存在は無視することはできない。ここではファクタリングの仕組みと、それに付随するメリットやデメリットについて解説します。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングの仕組み

ここでは、ファクタリングがどういった金融取引なのか、そうしてどういった状況で役立つものなのかといった基本的な事をまだ知らない方のために、理解度を深めやすい解説をしていきたいと思う。
すでにファクタリングについて充分に理解している方は特別読む必要もないと思われるのでご容赦いただきたい。

売掛金の買い取り

繰り返しになるが、ファクタリングとは「売掛金債権をファクタリング会社に買い取ってもらう」ことである。
売掛金とは、売上として計上されていて将来的に入金が予定されているものを指す。

資金的にその将来的な入金まで待つ余裕がない際に、その売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうことにより先んじて現金を手にすることができるメリットが、ファクタリングにはある。

事業の運転資金に困った際に、売掛金さえあれば入金までのスパンを一気に縮めることができるイメージだ。

メリットばかりではない

ファクタリングは急場を凌ぐための方法としては非常に優秀ではあるが、考えなしにいつでも気軽に利用できるようなものではないことも理解しておく必要がある。
現在の自分の状況に本当にファクタリングが必要なのかは、しっかりと考えた上で決めたほうがよいだろう。

ファクタリングはメリットばかりでないと手をバツにする男性

その理由としては、早く現金が入る対価として、手数料を取られるというデメリットがあるからである。
売掛金の入金日まで待てば満額入っていた金額が、ファクタリングで現金化することにより少なからず減るということだ。
しかしそれは考えてみれば当然のことである。売掛金を買い取る時点でファクタリング会社は回収という新たな「リスク」を抱えることになる。

このリスクを無償で請け負ってくれるようなことがあるわけがないのであって、その対価として手数料を取るのは当然のことなのである。

手数料については2社間か3社間かによっても相場が変わるし、会社によっても異なる。手数料に関する詳細については別途こちらのページで確認してほしい。

各種手数料

唯一無二の迅速性

ファクタリングのデメリットも充分に理解してもらった上で改めて言いたいのだが、

「デメリットを考慮してもなお、ファクタリングは唯一無二であり最強の資金調達法」

である。
まずなによりも、その迅速性には特筆すべきものがある。

銀行融資や公的機関による融資はたしかに信頼性も高く、大きな金額の融資を受けることも可能ではあるが、とにかく審査に時間がかかる。
急な状況の変化が起きたときから動きだしたのではとてもじゃないが間に合わないし、当然ながら向こうはそんな状況を考慮してくれはしない。

ファクタリングは売掛金の範囲内という金額的な制約はあるものの、借金という形ではなく迅速に現金を調達できるのが最大の強みだ。

融資ではなく、あくまで債権の買取という取引なので自社に対する審査はなく、売掛債権の存在が証明されていて取引先の信用があれば即日で現金化ができる。保証人や担保も不要な点も大きい。

メリット・デメリットまとめ

黒板に書かれたPOINT

ファクタリングの仕組みを説明させてもらったが、最後にメリットデメリットを箇条書きでまとめておく。
すべてを総合的捉えた上で、利用するかどうかを判断してほしい。

メリット

  • 現金化までがとにかく早い
  • 自社に対する審査がない(緩い)
  • 保証人や担保が不要
  • 借金ではないので信用情報にも傷がつかない
  • 売掛金回収のリスク回避

デメリット

  • 手数料がかかる
  • 売掛債権の範囲内という金額的制限