だからファクタリングが使われる-経営の明暗を分ける「つなぎ資金」の重要性

支払いと入金との間で突発的に生じる経営危機のピンチで必要となるのが「つなぎ資金」であり、これを用意することができなければ会社は破綻することになる。銀行融資ではスピードが足りないが、速やかに対応できるファクタリングはこの状況でも頼りになるのだ。

つなぎ資金とは

手のひらに乗るブタの貯金箱

つなぎ資金とは読んで字の如く、「つなぎ」をするための資金のことだ。ではなにをつなぐのか。
それは支払いと入金との間にある期間のことだ。

我々のような建設業界ではよくある話なのだが、1つの受注案件に対してまず先に支払わなければならないものが多くある。
それに対してこなした仕事に対する報酬の入金は数ヵ月後であったり、場合によってはさらに先の竣工時であったりと、期間的なタイムラグが発生してしまうのだ。

将来的にお金が入ってくることは確定しているものの、いま目の前の人件費や必要経費を支払うための資金が乏しい。
そういった状況を打破するための資金を「つなぎ資金」と言うのだ。

つなぎ資金をどうやって用意するのか

一時的な資金不足を埋めるためのつなぎ資金。ではこの資金は一般的にどうやって調達するものなのであろうか。

まず頭に思い浮かぶのは銀行だろう。

大銀行の外観

しかしつなぎ資金の融資が必要になったときに、速やかに銀行から融資を受けることができる会社は現実的にはかなり少ないのではないかと思う。数ヶ月前以上から入金と出金が明確になっていて、それを基に審査をクリアする必要があるからだ。
そもそもそこまで明確に先のことが見えている会社がつなぎ資金が必要な状況にまで追い込まれるようなことがあるのか、疑問である。

急な案件への対応、予測できないトラブル、こういった突発的なものには銀行融資ではスピードが足りない。
審査を待っている間に致命傷を負うか機を逸してしまうか、である。

そこで役立つのがファクタリングだ。

ファクタリングならばそのような急な状況への対応に適していて、速やかにつなぎ資金を用意することが可能だ。

つなぎ資金の重要性

つなぎ資金というと響きは軽く聞こえるかもしれないが、会社の経営にとっては本当に大事なものである。
数ヶ月後に売掛金の入金があるのは間違いないが、それまでの運転資金不足に陥っているとして、そのつなぎ資金を速やかに用意できなかった場合にその会社はどうなるのか。
答えは簡単であり、その会社は破綻するのである。

「売掛金が入るから待ってくれ」

などという眠たいことを、従業員や取引先はそうそう聞いてはくれない。
いざというときに迅速かつ正確につなぎ資金を用意できるルートは、我々のような建設業は特にだが、金銭的な動きが大きく読めない部分がある業界の経営者であるならば絶対に確保しておくべきだ。

そのルートは決して銀行では、ない。銀行は手遅れになったと見るや手のひらを平気で返す組織だ。
いざというときに頼りにできるのはどこなのか、よく考えていまのうちから準備しておくとよいだろう。