ファクタリングの一連の流れ-最も迅速に入金される契約形態とは

スピーディーに現金化できることもファクタリングの魅力だが、2社間と3社間で手数料や手間の部分で異なり、入金のタイミングも違ってくるのでしっかり流れを理解しておこう。自社の現在の状況や取引先との関係性をよく見極めることも大事である。

契約から入金までの流れ

通帳とお金

ここではファクタリングの契約から入金までの流れを解説する。

ファクタリングによる売掛金の現金化がいかにスピーディーに行うことが可能なのかを知ってもらいたい。2社間と3社間で異なる部分もあるので、その点にも注目だ。

2社間フロー

2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社の2社のみで契約が行われ、支払いも表面上はその2社間でのみ行われる形になります。

  1. お問い合わせ&お申し込み
  2. 売掛債権の調査などの審査
  3. 手数料などを含めた買取額の確定
  4. 契約の締結
  5. ファクタリング会社からの入金
  6. 取引先からの売掛金の回収
  7. ファクタリング会社への支払い

2社間の場合、見ての通りファクタリング会社は債務者である取引先ではなく、利用者から買い取った売掛金に該当する金額の回収を行う形となる。

資金繰りに困った利用者からの支払いが途中で途絶えたり、他の運転資金に勝手に充ててしまうリスクがあるところから、手数料が3社間に比べて高く設定されており、相場は10%~30%となっている。

3社間フロー

取引先に債権の譲渡を通知し、その承諾を得た上で3社間で行う。
売掛金の支払いは取引先からファクタリング会社に直接行われることとなり、ファクタリング会社にとっての回収のリスクは2社間に比べて少ない。

そのため手数料は2社間に比べて安く、相場は1%~5%程度となっている。

  1. お問い合わせ&お申し込み
  2. 売掛債権の調査などの審査
  3. 手数料などを含めた買取額の確定
  4. 契約の締結
  5. 取引先への債権譲渡の通知と承諾
  6. ファクタリング会社からの入金

売掛金の回収はファクタリング会社が直接するため、2社間フローの⑥⑦の部分の責任を負う必要がない。

自社に適した方を選ぼう

一見すると手数料も安く、ファクタリング会社に債権を買い取ってもらった後の支払いの手間がない3社間の方が優れたファクタリングのように見えるかもしれない。
たしかに本来のファクタリングはこのような3社間できっちり契約を結ぶ形のことを指す。

ファクタリング会社を調べる男性

しかし、現実問題として3社間フローの⑤が利用者にとってのネックとなるケースは非常に多い。
現代社会においてはまだ債権の譲渡というもの自体にネガティブなイメージもあるし、資金繰りに苦しんでいることを知られるリスクは思った以上に大きい。共倒れを恐れてその後の契約がもらえなくなるかもしれない、という恐れは容易に想像がつく。

取引先の承諾に際して印鑑証明などの書類をわざわざ用意してもらわなくてはならない点も心苦しい。取引先にとっては自社の問題ではないのにただ単純に手間が増えるだけだ。

その点2社間であればそれらの懸念材料は手数料がやや高くなるところさえ飲み込めばすべてクリアできる。
自社の現在の状況や取引先との関係性をよく見極めた上で、適したファクタリングを選ぶことが大事である。