限度額はあるのか?ファクタリングで調達できる金額と平均取引額

ファクタリングを利用しようと考えている経営者にとっては、果たしてどれくらいの金額での取引が行われているのかも気になるところだろう。また、いくらまで調達できるものなのか「限度額」も想定しておきたいはずだ。平均取引額を中心に解説していく。

平均取引額を知ること

平均取引額のグラフと電卓

ファクタリングはおおよそどれくらいの金額での取引が行われているのか、特にこれから初めてファクタリングを利用しようとしている経営者にとっては気になるところかと思う。

  • こんな小額じゃ相手にされないかもしれない
  • こんな大きな売掛金、取り扱ってくれるのか

利用者それぞれ状況が異なる以上、取引する金額が変わるのは当然のことですが、おおよその平均を知ることで安心感を得ることができるかもしれないし、不必要な金額まで利用額を延ばしてしまわないための抑止にもなる。
決して知っておいて損はない大事なことと言えるだろう。

ファクタリングの平均取引額

ファクタリングの平均利用額はおおよそ250万円前後と言われている。 しかし、注目したいのが利用者の半数以上が200万円以内となっている点だ。 業種によっても感覚は異なるかもしれないが、私の感覚で言えば200万円以下の売掛金としてはひとつの案件としては小規模の部類に入る。

見てのとおり、半数以上が200万円以内となっている。
業種によっても感覚は異なるかもしれないが、私の感覚で言えば200万円以下の売掛金としてはひとつの案件としては小規模の部類に入る。
意外にも小額でのファクタリングが多く行われていることがわかった。逆に1000万円を超えるような高額での取引は3%未満とかなり少なくなる。

売掛金のすべてをファクタリングに回すのではなく、必要な分だけ資金調達するようにうまく調整を図っているケースが多いものと思われる。

限度額について

まず先に結論を言っておくと、ファクタリングには「限度額」という概念がない。
ファクタリングは繰り返しになるが金銭の貸付ではなく、売掛金の売買である。売り手と買い手がいる商取引に限度額という概念は存在しない。
すでに存在する売掛金額の範囲内であればファクタリングは可能だし、売掛金額以上の資金調達はファクタリングでは不可能だ。

机の上に並べられたお札

つまり極端な話、億を超えるような非常に大きな金額の売掛金があるのならば、手数料を引いたとしてもそれに近い金額の資金調達がスピーディにできることになる。
取り扱う金額が大きければ大きいほどファクタリング会社にとっては未回収のリスクが高まるため、売掛金や売掛先の信頼性に対する審査は厳しくなるものの、銀行などでの融資に比べたらはるかに緩いだろう。

また、金額が大きくなりすぎるとファクタリング会社側の資金体力的に取り扱えない、というケースも出てくる。
億以上もの大金をすぐに用意できるような業者は数が限られているのだ。
もしも平均を大きく上回るような大きな売掛金の現金化を希望するのであれば、ビートレーディングのような大手ファクタリング会社を選んでおくとよいだろう。

運営母体が大きく、億を超えるような大規模なファクタリングを取り扱ってきた実績もあるので安心だ。