借入残高を増やしてしまう…便利なだけではない消費者金融のデメリット

消費者金融は比較的手軽で利便性の高い資金調達法と言える。しかし、銀行の審査には通らず消費者金融でしか借入できないというケースは少ない。スピードなどを重視して借入残高を作ってしまうと、まとまった資金調達をしようとした時に不利になることもあるのだ。

消費者金融

消費者金融についてパソコンで検索する男性

消費者金融は与信の状態によってはオススメできる手軽な資金調達法だと思う。
頻繁に少額の運転資金をショートさせている会社にとっては使い勝手が良いだろう。

ただし、審査は相応の内容で行われるほか、金利が高くて長期分割をさせようとしてくるなど、面倒な問題も多い。
健全な資金調達法の一つだが、ファクタリングに比べるとデメリットも多いように感じる。

消費者金融の審査

消費者金融はサラーリマン金融から主婦やフリーターも含めた消費者向けの貸付サービスで生まれた名称だが、大手消費者金融会社を中心に現在はビジネスローンを含めて幅広いサービスを提供している。
消費者金融の審査内容は基本的には銀行と大きな違いはない。信用情報と決算の数字を見て融資可能か判断される。

消費者金融でお金の相談をする女性

銀行融資の場合は調達した資金の収益性も多少は考慮されるが、消費者金融の多くは使途自由で決算など過去の実績による審査に特化している。
個人であれば少額利用を条件に収入証明が不要だが、法人や個人事業主など事業所得や経営している会社の役員報酬しか収入がなければ決算書類の提出が必須になる。

銀行や商工ローンに比べれば緩いが赤字決算や創業1年目は基本的に融資不可になる。
事業資金の調達においては、銀行融資をギリギリ利用できない人に限定され、本当に消費者金融を使うのが最善なケースは非常に狭く、一部の財務状況に限定される。

実際のところ、頑張れば銀行融資やABLなど他の方法での融資を受けられるが、面倒な手続きが少なく審査時間が短い利便性から消費者金融を選ぶ経営者が多い。

借入残高を増やすデメリット

消費者金融を利用できる事業者の大半は、時間をかけて適切な方法で審査を受ければ銀行融資を受けられる見込みがあると思われる層の人達だ。
スピードや利便性を重視して消費者金融から借入するのは良いが、その先大きな資金調達があった時に消費者金融からの借入残高がネックになる。

同じ少額融資を受けるにしても、銀行で小口融資を受けて滞りなく返済を続けていれば残高が残っていても正当な理由がある際にまとまった融資を受けられるチャンスがある。
しかし消費者金融からの借入残高については、銀行はネガティブに判断する。

返済遅延を起こさなければ信用情報の傷にならないが、同じ借入残高でもメインバンクと消費者金融は別の扱いを受ける。

融資に失敗して真っ暗になる経営者

将来のことを考えれば手間暇かけてでも銀行融資を受けた方が会社としての可能性が広がる。
私もお金に困った際に消費者金融を使おうと検討して、あと一歩のところまでいった。消費者金融の審査に問題がなかったので銀行融資もやり方次第ではできたかもしれない。

しかしスピードを求められる場面で現場の仕事も忙しく、手間をかける余裕がなかったので最終的にファクタリングで対処した。

消費者金融の審査に通ればファクタリングの手数料を払うのは馬鹿らしいと思う人もいるかもしれないが、それは間違いだ。
消費者金融からの借入にもしっかりと利息は付く。すぐに返済をすればファクタリングの手数料よりも安く済む場合もあるが、借入の記録が残るというデメリットを考えると、果たしてどちらがよいのか。答えは明白だ。

消費者金融は新規客にシビア

銀行や商工ローンにも一部で言えることだが、新規に対しては貸付限度額が低く設定されている。滞りなく返済した実績を積んで再融資を受けると条件が優遇される、という仕組みになっていることが多い。

消費者金融は新規にはシビアで常連には甘い、という風潮が顕著に出る業界だ。
財務状況がそこまで悪くなくても、数十万円程度に限度額が制限されて、目標金額に届かないことも多い。

厳しい審査を受けて将来の借入にも悪影響を与える中で少額しか借りられないのであれば、それはもはや利用する価値はほとんどないのではないだろうか。
特に事業投資や仕入れ・外注費などのまとまった資金が必要な場面には向いていない。
毎月のように、掛け払いの入金日前には給料や材料の支払いで、少額の資金ショートをする場合など、細かい借入を繰り返しているような場合に限定されるだろう。