低金利資金調達の長『銀行融資』利点だけじゃない!欠点と賢い活用法

銀行融資はまとまった資金調達を低金利で借入できるメリットがあるが、審査が厳しくて時間がかかるというデメリットも。不景気や審査のAI化などで、現在と同じ財務状況でも将来的に貸し剥がしを受けるリスクがあります。他の資金調達の選択肢も常に持っておくと良いだろう。

銀行融資

日本銀行本店の外観

銀行融資は資金調達の代表格であり、ベンチャー企業から大企業まで規模に関係なく活用されている。
銀行融資にはまとまった融資を低金利で受けることができるメリットがある。

決算やキャッシュフローなどを中心に厳しい審査が行われるのがネックだが、銀行融資を利用できる環境なら選択肢に入れて積極的に活用したいところである。
ただし、銀行融資を受けられるような黒字企業であっても、必要に応じてファクタリングを併用すると様々なメリットがあることを知ってほしい。

銀行は過去の実績を重視する

銀行融資を利用する場合、基本的に直近2期分の決算書を提出することになる。銀行の行う審査は、将来の収益性よりも過去の実績を重視する傾向が強い。
資金調達によって仕入れや設備投資で収益を上げられることが明白でも、決算の数字が悪いと審査に通らない。

そして当然ながら、決算を迎えていない創業1年目のベンチャー企業は銀行融資を受けるのは難しい。
銀行融資は貸付条件が良い半面、審査のハードルの高いという難点があるのだ。

税金対策としての側面

銀行融資を活用している企業は決算の数字を良くしようとして、経費などの数字を調整することがある。
黒字決算で申告すれば、その分だけ税金の負担も増える。

適切な利益で申告するのは良いことだが、経費を使うことを抑制して高い税金を払うのは効率の良い経営とは言えない。
ファクタリングは銀行融資に比べて手数料は高いが、税金対策の側面もカバーしつつ資金調達できるメリットがある。

借入残高とキャッシュフローを重視

銀行融資の審査では、既存の借入残高とキャッシュフローの状況が重視される。
将来的に新たな資金調達が必要になる可能性があるのならば、敢えて銀行融資以外の方法を活用した方がいい場面もあるのだ。

たとえば、運転資金がショートした時はファクタリングを活用し、設備投資やまとまった仕入れの必要な仕事を受注した時には銀行融資を活用する、といった使い分けなどがある。

銀行融資は時間がかかる

時計と金貨の山

銀行融資においては慎重な審査が行われ、複数の部署で決済を得られないと融資実行に至らない。申込内容と審査状況によっては資金調達するまで1ヶ月以上かかってしまうケースも珍しくない。
資金調達するのに時間的な余裕があればいいが、資金調達までのスピードを求められる場面ではファクタリングの方が優れている。

銀行融資は時間がかかるだけではなく、待たされた結果融資不可にることもある。それは資金調達の可否で取引先を待たせたり、他の業者に仕事を取られてしまうリスクにもつながる。
「タイムイズマネー」という格言もあるように、銀行融資を検討する際は時間に対しての機会損失やライバル業者の動向なども踏まえて検討するべきだ。

銀行の都合で融資を打ち切られる

バブル崩壊やリーマンショックの際は多くの企業が倒産した。
不景気によって仕事量が減少した影響もあるが、倒産に追い込まれた企業の多くは銀行からの貸し剥がし(融資打ち切り)が影響している。

バブル崩壊後の日本の風景

銀行は都合の良い時は擦り寄ってきて「お金を借りてくれ」と頼んでくるが、景気の変動などで都合が悪くなった時は突き放してくる。
お金が必要になったら銀行融資で対処すれば良いと安易に考える経営は非常にリスクが高い。

現在銀行融資を利用しているなら無理して他の方法に切り替える必要はない。
ただし、将来に渡って銀行が同じ対応を続けてくれる保証はないので、いつでも銀行以外の方法で資金調達できるように情報収集しておくことが大切である。

銀行の審査は近い将来、AI(人工知能)によって自動化される可能性もある。
古い付き合いを持っていて優遇されている場合でも、AI化など与信システムの変更によって、突然対応が変わってしまう可能性も考慮しておく必要がある。