闇金と関連性のあるファクタリング会社の悪質な手口のパターン

元々闇金だった業者が形を変えてファクタリング業を営んでいるケースがある。また、ごく一部の手数料が高い不人気業者は、問い合わせや審査を受けた顧客名簿を詐欺集団などに売っているケースもあり、ファクタリング会社を選ぶ際は慎重に行う必要がある。

闇金との関連性

闇金の危険性を警告する男性

15年ほど前までは一部の闇金が貸金業の届出を行い、繁華街の裏路地などに店舗を出して貸金業を行っていた。
しかし、2000年代中盤から取り締まりが強化されて店舗型の闇金は姿を消していった。
かつての闇金は振り込め詐欺などを行う特殊詐欺集団やネットで集客するソフト闇金など、あらゆる形に変化を遂げている。
その一部で、かつての闇金がファクタリング業者として運営しているケースもあるのだ。

取り締まり強化のほか、インターネットの情報が充実して、闇金の手口や手法が広く知られるようになったのも業界の潮流が変わったことに影響したようだ。
健全に生きてきた人であれば、「闇金」と聞いただけで切羽詰まった状況でも敬遠するものだ。
昨今はクレジットカード現金化など、ブラックでも資金調達できる闇金以外の選択肢が加わったことも関係している。

ファクタリング業に転身した闇金会社は、ネット上で経営難に陥っている経営者をファクタリングの名目で集客し、違法な貸付を行っている。

そしてこのような悪徳業者に一度関わりを持ってしまうと、資金難でファクタリングを利用しようとした経営者の個人情報として、裏社会に流出してしまう可能性が高い。

2種類の被害パターン

ファクタリング会社を装った闇金が違法な貸付をするのは以下の2種類がある。

  • ファクタリングによる債権買取だと言って現金を振り込み、後から貸付だと言ってくる
  • ファクタリングで法外な手数料やデメリットの説明をして、躊躇する問い合わせ客に「うちなら貸付でも対応できる」と提案してくる

このように、違法な貸付だと同意させた上で契約を結ぶケースと、お金を振り込んだ後に貸付だと言って脅してくる嘘で固められた詐欺の2パターンがある。
違法な貸付だと提示する場合でも、切羽詰まった経営者であれば利用してしまうケースがある。
ファクタリング業の看板を出して運営しているので、違法な貸付でも闇金とは違うと都合の良い考えを持つが、一度借りてしまえば、それで最後。
借入後は通常の闇金と同じで徹底的に搾り取りにくる。

闇金からの借入は法的に無効なので元本を含めて返済する義務はないが、闇金による違法な貸付をしている旨を周囲にバラすと脅してくるのが彼らの常套手段だ。

家族、従業員、取引先に闇金からお金を借りてトラブルになっていることをバレると、不安を感じた従業員が辞めたり、取引先から切られてしまい結局経営が行き詰ってしまう。

闇金は脅しのプロなので、結果的に相談できずに言われるがままお金を払ってしまうケースが多く見られる。

見せしめの逮捕事例により浄化?

2017年1月には東洋商事とそのグループ会社。
2017年3~5月に城南ファンディング、みかど企画、クレイ キャピタルという同じ母体の3社のファクタリング会社の経営者らが逮捕された。

詐欺で逮捕されて手錠をかけられた後ろ姿

いずれもファクタリングを装って集客し、違法な貸付を行った貸金業法の疑い。さらに東洋商事の経営者は、13年前に闇金業を経営していた容疑もかけられている。
摘発された会社はいずれも、法人登記をしていて実態のある形で運営して違法な貸付を行っていた。
同様の手口を使って闇金が運営していた事例は多数あると見られるが、逮捕事例ができたことで、多くの法人化している闇金系ファクタリング会社は撤退に向けて動く可能性が高い。

闇金は時代の変化に合わせて形や手法を頻繁に変えている。法人化して足が付く業態での違法な貸付は取り締まりリスクが高い方法として認識されているのだろう。
2017年5月以降はファクタリング会社を装った闇金業者の逮捕・摘発事例はなくなった。

今からファクタリングを利用する場合は、運営会社に実態があるかなど、最低限のリサーチをするだけで闇金系詐欺会社に引っかかるリスクを回避できる。
外部の検証サイトを活用する方法でもいいし、自分でネットから登記情報を検索してみても良いだろう。

過去にファクタリングを装った闇金が逮捕された事例はコチラのページで詳細を解説している。

ファクタリングを装った闇金の逮捕事例