【ファクタリング】資金調達後の支払い過程を取引形態ごとに比較

ファクタリング後の支払いサイクルは2社間と3社間とで違いがあり、債権の移動や売掛金の支払いなどで大きく異なるので十分に理解しておく必要がある。また、貸金業でもないのに分割払いを提案してくるようなファクタリング会社は悪質な業者なので警戒しよう。

ファクタリング後の支払いについて

電卓と家と通帳

ファクタリングで資金調達をした後の支払いについて解説する。
売掛金を予定よりも早く現金化することにより当面の窮地は回避することができたとしても、その売掛金はすでにファクタリング会社のものとなっているため、自社の運転資金として期待をしてはいけない。

3社間ファクタリングの場合

3社間ファクタリングは債権の譲渡を債務者である取引先にも通知し、その承諾を得た上で行われる。従って売掛金は支払い予定日までに取引先からファクタリング会社へ直接支払われることとなる。

利用者は売買契約が成立し、手数料が引かれた分の金額をファクタリング会社から受け取った後に支払いなどの義務を負うことはない。

まさに見たとおり債権が利用者からファクタリング会社へと移動したことがわかる取引形態である。

2社間ファクタリングの場合

2社間ファクタリングにおいては取引先に対して、債権譲渡の通知をしない。
つまり取引先は債権者が変わったということを知らない状態のまま売掛金の支払い期日までに利用者に対して入金をする。入金を受けた利用者はすみやかにこの金銭をファクタリング会社へと支払う義務を負う。
いくら苦しい状況であったとしてもこのお金はファクタリング会社のものなので手をつけてはいけない。

利用者は契約上、売掛金の回収の事務代行を請け負っていることとなっており、このお金を運転資金に充てることは業務上横領罪、場合によっては詐欺罪に問われることもあるので要注意だ。

分割払いはできないのか

ファクタリング契約において利用者が支払いの義務は2社間ファクタリングで売掛債権の回収代行として取引先からの入金がされたタイミングで発生する。

基本的には入金された売掛金はすべて一括でファクタリング会社へと支払わなければならない。仮にその時点で再度資金繰りに苦しいからといって分割での支払いを申し込んでも断られるだろう。
ファクタリングの支払いは基本的には一括。これは前提として知っておく必要がある。

しかしもしもファクタリングによって早期現金化をした上で、売掛金の回収期にも資金繰りが苦しくなることが前もってわかっているのであれば、それは一度ファクタリング会社に事前に相談してみるのもよいかもしれない。
場合によっては分割での支払いを受け入れてくれることもある。

悪質な業者に注意

逆に分割払いを提案してくるようなファクタリング会社は要警戒だ。
ファクタリングは貸金業ではないし、そのような許可も取っていない以上、分割払いにするにしても利息は取れない。したがって分割払いにすることはファクタリング会社にとってリスクしかないのだ。それなのに分割払いを勧めてくるような会社は・・だいたいがファクタリング会社の皮を被った闇金だろう。

悪質なファクタリング

彼らはこちらが資金繰りに困っていて焦っているところに付け込んで様々な誘惑を仕掛けてくる。

「ファクタリングとは別に融資も行っている。」
「支払いは分割でもいい。」

こういった提案は受けてはいけない。
ほとんどの場合が法外な利息を吹っかけてくる闇金だ。元々違法な存在である彼らに常識は通用しない。どんなに苦しい状況でも闇金にだけは手を出してはいけないし、それこそ会社の破綻だけでは済まない話となる。

親身になって対応してくれる優良なファクタリング会社はちゃんとある。
この目で見てきたから間違いない。是非とも利用する会社選びは慎重にやってほしい。