ファクタリング契約で行われる審査内容を詳しく解説する

ファクタリングは、あくまで利用者とファクタリング会社の間で行われる「債権譲渡契約」であり「金銭消費貸借契約」とは性質が異なるため、契約内容も審査で重要視される点も当然ながら違ってくる。コツさえ掴んでおけば非常に早く取引が進められるので要点を覚えておこう。

契約について

契約を交わして握手をするサラリーマン

ファクタリングを行うにあたって交わされる契約についてだが、「金銭消費貸借契約(融資)」であるという誤解をされがちなのでその点についてまず確認したい。
最初に結論を述べると、ファクタリングは金銭消費貸借契約(融資)ではない。

ファクタリング会社からまとまった現金が送金されるのでそのように見えがちだが、根本的に金銭消費貸借契約とは性質が違うのでしっかり理解しておく必要がある。
ファクタリングとは、あくまで利用者とファクタリング会社の間で行われる「債権譲渡契約」であり、利用者側のクレジットヒストリーや信用情報に傷が付く恐れのあるものではないのである。

契約に必要なもの

契約書に印鑑を押す手

取引先に対して利用者が保有する売掛金の債権譲渡契約の際に必要なものは、利用するファクタリング会社によって若干異なる場合はあるものの、おおよそ以下の通りである。

①履歴事項全部証明書・印鑑証明書

利用者側の会社の存在を証明するための書類。
いずれも発行から3ヶ月以内のものが必要になる。これに併せて法人のホームページや会社概要のわかるものなども求められる場合もある。

②納税証明書・決算書

利用者側の会社の運営実績を確認するためのものであり、過去2~3期分の提出を求められるのが一般的。過去にどれくらいの売上があり、入金のサイクルがどのようになっているのかを確認するためのもの。
また、税金の滞納による口座差し押さえなどのリスクがないかなどのチェックにも使われる。

③売掛金の根拠となる売買契約書・請求書など

売掛金の存在を証明するための書類。
これらは場合によっては偽造することも可能なため、銀行口座の取引履歴などを過去に遡って確認することもある。

主には上記の書類が必要とされる。次に審査についても詳しくみていこう。

審査について

まず前提として、ファクタリングの契約において利用者側の会社の資金繰りや財務状況はそこまで重要視されないと考えてよい。それよりも重視されるのが、売掛債権の存在証明やその性質である。

契約における書類のチェックの段階で、売掛金が定期的に発生しているものであることなどがわかれば、審査は通りやすくなるだろう。逆に突発的なものであったり、過去に取引がなかった新規の取引先との間の売掛金などに対しては入念なチェックが行われる。

また、債権の二重譲渡がないかを確認するための登記簿のチェックも行われる。
債権の二重譲渡は詐欺目的の悪意あるものはもちろんだが、中には利用者側の自覚がないままにそのような形になっている場合もあるようだ。

いずれにしてもそれらはファクタリング会社にとっては回収が不能になる大きなリスクとなるので審査の段階でチェックが入る。

取引先の信用性

ファクタリング会社が審査においてもっとも重視するのは「取引先の信用性」である。
2社間・3社間問わずファクタリング会社が譲渡によって手にした売掛債権に対する債務者は、取引先会社になるからだ。
しかし心配しないでもらいたいのは、取引先の信用性を調査するにあたって、直接相手先に連絡がいくようなことはない。
だいたい取引先からしたら調査されるだけでも気分の良いものではないはずだ。

したがってこの調査は、信用情報機関や帝国データバンクへの照会や登記簿のチェックという形で、取引先に対して秘密裏に行われる。

審査はとにかく早い

ここまでファクタリングの契約における審査について説明してきたが、思っていたよりも面倒そうだと感じた方もいるかもしれない。

しかしそれは間違いだ。

たしかに用意しなければいけない書類はそれなりにあるし、審査の結果契約ができない、というケースも中にはある。
それはファクタリング会社にもリスクがある以上はそのような判断に至るケースがあることも致し方ないことだ。

審査が通ってガッツポーズをする男性

しかし逆に言えば、ここで挙げられている必要書類をあらかじめ用意しておき、取引先の信用さえ裏付けが取れれば、ファクタリングの契約は即日にでも結ぶことができ、即日の現金化が実現可能となる。

実際に私の場合も2回目以降のファクタリングは驚くほどにスムーズに行うことができた。

銀行の融資ではこうはいかない。自社の財政状況も含めた厳しいチェックに加え、担保や保証人を求められ、さらに銀行側の稟議を待つ・・その上で「審査に通りませんでした。」なんてことも日常茶飯事だ。

ファクタリングの契約はコツさえ掴んでおけば非常に早く進められる。これはファクタリングの特徴であり大きな強みでもあるのだ。