プロパー融資による資金調達のメリットと厳しい審査基準を解説

資金調達方法の王道「銀行融資」。なかでもプロパーは金利がとても低いが、審査は厳しく中小企業にはハードルが高いものとなっている。会社信用度が上がるなどのメリットもあり保証料がかからないのも魅力だ。

プロパー融資

プロパー融資のメリットとは

王道の資金調達方法と言えば「銀行融資」だ。メリットは、銀行という安定企業との取引きである点と、何より金利が低いという点だろう。

銀行融資には大きく分けると「プロパー融資」「信用保証付き融資」の2種類があり、俗に言う“金利が低く審査が厳しい”銀行の融資とは、前者のことを指す。

今回はその「プロパー融資」について語らせてもらおう。

プロパー融資とは

プロパー融資とは保証会社の保証が付かず、銀行と直の取引で行われる融資のことだ。
万が一、融資先の倒産など事故が起きた場合「信用保証付き融資」であれば保証会社の保証で大部分を賄うことができるが、プロパー融資の場合は銀行がすべての損失を被ることになる。
銀行にとってはリスクの大きい融資なのだ。そのため、審査は銀行独自に設けられた厳しい基準で行われ、融資を成功させるのは一筋縄ではいかないものとなっている。

では、なぜ企業はわざわざ審査の厳しいプロパー融資をうけたがるのか?
次項でその理由について解説していこう。

プロパー融資のメリット

プロパー融資は審査が通る確証もなく、早急で確実に資金調達したい場合では都合が良いとは言い難い。
多数の必要書類の提出や予備対策も必要だ。しかしそれでもプロパー融資をうけたいのには相当のメリットがあるからなのだ。

金利が低い

プロパー融資の一番の魅力は、金利が安くなる傾向にあることだろう。1%を切るケースもあり、特に額が大きくなっていくとこの恩恵は絶大なものになる。
融資を受けることができるのは厳しい審査をクリアした信用力の高い企業となるので、貸し倒れのリスクが少ないため金利を低くできるのだ。
そもそも、低金利でなければ銀行融資の価値は薄れるだろう。

保証料がかからない

保証会社をつけないので保証料の概念がない。低金利のうえ保証料もかからないので、トータルでのコストをだいぶ抑えることができる。

会社の信用が上がる

プロパー融資を受けたということは、銀行が信用できる会社であると認めた証拠だ。
遅延することなく完済し、会社の業績も順調であれば、その後も高い確率で融資を受けることができるだろう。金利面でさらに有利な条件になることも期待できる。

中小企業は融資を受けることができるのか

低金利で資金を借りることができ、会社信用力も上がるとなれば中小企業にとっては垂涎の的である資金調達手段なのだが、現実は中小企業にとっては狭き門になっている。
中小企業が銀行融資を申し込みにいくと、「信用保証付き融資」を提案されることがほとんど。プロパーを選択することすらできないかもしれない。

しかし信用保証付き融資は審査に時間がかかり、保証料も発生する。そうなると銀行融資のメリットも薄れてしまうため、中小企業の場合は手っ取り早く調達できるファクタリングなどの手段を使うケースが多いのだ。

だからと言って、絶対にプロパー融資を受けることができないわけではない。銀行が融資したくなるような事業計画や経営計画を持っているのであれば、説得力ある書類を作成しチャレンジしてみるべきだ。
また、「信用保証付き融資」を使い、銀行からの信用を積み重ねていけばプロパーの門が開かれるだろう。勿論、無事故で完済し業績向上が条件になるが。
審査では会社実績も問われるので、新興会社や起業目的での融資も不可能と考えたほうがよいだろう。