手形割引の特徴とメリット

昨今ファクタリングが多くの企業から注目される中で、これに似た方法である手形割引にも少なからず注目が集まっている。ファクタリングと手形割引の大きな違いは、返金義務及び不渡りリスクの有無だ。

手形割引との違い

資金調達に悩む人形

企業の資金調達の方法には様々なものがある。最近で言えば、そうしたものの中でも特に人気なのがファクタリングだ。
また、ファクタリングが注目される中で、これに似た方法である手形割引にも少なからず注目が集まっている。
しかし、手形割引と言ってもご存じでない方も多いと思う。そこで今回はこの手形割引とファクタリングの違いについて解説していきたいと思う。

手形割引とは?

手形割引とは、支払期限を迎えていない約束手形を金融機関などで満額からいくらか割り引いた額で換金することを指す。

通常、手形取引においては支払期限まで待っていれば商品やサービスの代金を満額受け取ることができるが、手形割引では、割り引いた金額にする代わりに、この受け取りをいくらか早めることができるわけだ。そしてその際には、金融機関に対して割引料を支払うことになる。
この説明を読めば、手形割引がファクタリングに似た資金調達の方法であることが分かるかと思う。

ファクタリングとは?

ご存知の方も多いとは思うが、ファクタリングについても再度簡単に説明しておこう。

ファクタリングとは、企業が保有する売掛債権を第三者(ファクタリング業者)に売却し、その代金を現金化(資金化)すること、である。

手形割引と同様に、支払期限を迎える前に資金化できるところがポイントだ。

ファクタリングと手形割引の違い

ファクタリングと手形割引は一見すると非常に似たもののように映るだろう。しかし、実際にはこの2つは似て非なるものなのだ。
大きく分けると、両者は以下の2点で大きな違いがある。

  • 返金義務

手形割引では先ほども述べたように、約束手形の現金化を本来の期日の前に行う。この手続きは、手形割引を申し込む側の会社にとっては、単なる約束手形の早期の現金化ということにすぎない。
しかし、金融機関側から見ると全く事情が異なる。と言うのも、約束手形を発行した側の会社は期日が来るまでは代金を支払ってこないため、金融機関側からすると手形割引を申し込んだ会社への「融資」という形になるのだ。そのため、手形割引を利用した会社は本来の期日に金融機関から「融資」された額を返金しなければならない。
一方、ファクタリングの場合にはこうした返金義務は一切存在しない。

  • 不渡りリスク

手形割引は「融資」という性質を持っている。そのため融資先である会社、つまり、手形割引には不渡りリスクがあるわけです。
一方でファクタリングの場合、売掛債権はファクタリング業者に売却するわけですから、当然ながら保証の義務からも逃れられるということになります。従って、ファクタリングに不渡りリスクは無いということになります。

手形割引のメリット

最後に、手形割引のメリットについても簡単に触れておきます。
手形割引のメリットとして挙げられるのは、費用の安さです。
ファクタリングの場合には高額の手数料を支払わなければ債権を売却することができないわけですが、手形割引の場合には非常に安い費用に抑えることができます。例えば、元本が100万円の場合であれば利率の上限は15%に設定しなければなりません。